top of page
TuneUp works of MiniBox Golf

​加工実績 No.1

​ぶっ飛び高発加

TuneUp works of Minibox Golf

​加工実績 No.1

​ぶっ飛び高発加

TuneUp works of Minibox Golf

JAPAN BRAND 地クラブという選択肢Vol.1


BALDO 2023モデルの高反発仕様・予約受付を開始しました。


新たな展開とモデルチェンジを合わせて3種類。

まずはこちら。


COMPETIZIONE 568 DRIVER HEAD DEEP


フェース高さ:59.8mm

フェース長さ:102.1mm

ボディー長さ:108.2mm

ヘッド体積:460cc

ロフト角:8.5~11.5

ライカク:59°

重心高:31m

重心距離:34mm

重心深度:34mm

重心角:24°


COMPETIZIONE 568 DRIVER HEAD SHALLOW


フェース高さ:55.2mm

フェース長さ:103.8mm

ボディー長さ:113.2mm

ヘッド体積:460cc

ロフト角:8.5~11.5

ライカク:59°

重心高:30mm

重心距離:36mm

重心深度:36mm

重心角:26°


同モデルでディープフェースとシャローフェースの展開です。


ディープはコントロール性能の高さと、強く前にボールを飛ばすコンセプト。

シャロ―はスイング時の安定感と、球の高さを求める設計。


ディープ・シャローともに伝統的なジャパンクラフト形状のヘッド(顔)です。



そして個人的にも気になっているSKY DRIVE DRIVER Ver.2


ロフト角:9.5/10.5

ライ角:60.5°

ヘッド重量:196g

ヘッド体積:460g

フェース角:1.0°OPEN


伝統系のヘッドとはガラっと雰囲気の異なる最先端系のヘッド。海外ブランドのトレンドはカーボン素材を使うことによってロースピン、高弾道、飛距離を実現する流れですがSKY DRIVE Ver.2はヘッド後方の"ウェイトの”位置”と、新たに搭載された”ステンレスパワープレート”によって海外ブランド最先端に引けを取らないロースピン高弾道ヘッドに仕上がっているように思います。